読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天才は天才にしか作れないことを夢から学びました。

ちょっと前に初めて「幽☆遊☆白書」の蔵馬(南野秀一の姿以下、秀一くん)が夢の中に出てきました。

妖狐蔵馬の方の夢はよく見るんです。バスの中で窓の外を見てると看板に妖狐蔵馬のイラストが描かれてて(冨樫先生のタッチで)、「あ!」ってなる夢です。

でも秀一くんの方は見たことなかったし、 私は秀一くんのことがすごく好きなので起きてすぐは嬉しかったです。

 

内容は、私と秀一くんが本屋にいて、秀一くんが突然1冊本を手に取ってパラパラとめくった後「これは1000円くらいかな」というので確認するとほんとに1000円(税抜き)で、ピッタリ当てた秀一くんに感動して「やっぱり秀一くんは天才なんだ…!」って思う夢でした。

 

起きてからすぐは秀一くんが夢に出てきて嬉しかったんですが内容を思い返して冷静に考えると、なんか秀一くんがすごいアホっぽくてだんだん悲しくなりました。

それより1番ショックだったのが、本をペラペラめくって何円くらいか当てる人を私が心の奥底のどこかで「天才」だと思っているのではないか、ということに気付いてショックでした。

 

ですが、本をペラペラめくって何円くらいか当てる人を20歳を超えた大人が見たとき、「この人は天才だ」と思う人はあまりいないと私は思います。

私も夢の中では騙されていましたが、起きてからすぐに「天才じゃない」と気付きました。

そもそも秀一くんじゃなければ天才だと思わなかったかもしれません。

仮に桑ちゃん(桑原和真)で想像してみたら、絶対天才だと思わないです。(そこが桑ちゃんのいいとこ)

 

つまり、私は秀一くんが何をしてても天才に見えてしまうんだろうという結論に至りました。

秀一くんのやることは、全部私の想像を凌駕するような、何かすごい意味があるんだ…って勝手に思ってることが夢に出てきたのかもしれないです。

 

漫画やアニメの中の秀一くんは本当に賢く見えますし、そう見えるように冨樫先生が作り込んでいて、何回読んでも天才に見えます。

 その冨樫先生が作り出した南野秀一というキャラを、夢の中にしろ私が動かすと、一瞬天才に見えるけど、冷静に考えるとアホになる。

 

ということは、キャラを作り出す本人が天才でなければ、天才キャラを作ることは難しいんだと、この夢を通して思いました。

 

 そんな冨樫先生の幽☆遊☆白書、ジャンプ+で毎週金曜日に1話更新されるので、当時のジャンプでこういう風に毎週1話ずつ連載されてたんだなあと当時のジャンプや当時のファンが毎週楽しみに次回を待っていたのかと思いながら読むのはすごく楽しいので、漫画全巻持ってるんですが、毎週楽しみに待って読んでます。

一気に読むのと週1ペースで読むのはワクワク感が違いますね。

電子書籍という現代の新しいコンテンツで週1ペースで1話ずつ読めるのはとても貴重なことだと思うので、是非読んだことある人も読んでない人も読んで欲しいですね。

今ジャンプ+の方では四聖獣の1人玄武と蔵馬が戦うところをやってるんですが、その回と前の回で蔵馬が「フッ」て言う回数が多くて、初期の頃はそういう方向でキザな感じのキャラにしたかったのかなあとか、玄武と喋るとき敬語になるところが、調子に乗って余裕見せてる感じとか可愛くて面白いので是非見て欲しいです。

 

今丁度モンストコラボもしてますが、その話もいつかしたいです。あとジャンプ流の冨樫先生回も買ったのでその話もしたいんですが、冨樫先生の話ばっかりなので別の話も書くようにします。すみません。

 

 

余談ですが最近、内定決まってたところでバイトしてたんですけど、どうしても許せないことがあって精神的に辛くて辞めてしまって、尚且つ卒研もあったりで忙しくて、始めて早々更新が遅くて申し訳ないです。

 

前回といい今回も文章下手糞で読み辛くて申し訳ないです。

もっと上手になるように努力します。

 

ハンターハンターのアニメで崖から飛び降りるのを待ってられない人たちについて

私は幽遊白書が大好きです。レベルEも友達に勧められてアニメと漫画共に見ました。幽遊白書の話は止まらなくなってしまうので今回は省略させていただきます。

冨樫先生の作品を2つも見ている私ですがハンターハンターだけはアニメも漫画もノータッチでした。高校時代の友達がハンターハンターヒソカが大好きで、ツェズゲラが垂直跳びですごいとか、マジタニっていう名前のキャラがいるとか、ゴンさんがどうとか、ゴレイヌがゴリラ出せるとか、そういうことしか知らなかったので、いつか機会があれば見たいと思ってました。

 

で、ついこの前「ジャンプ+」という、ジャンプ作品やそこでしか読めない漫画が毎週1話ずつ更新されて読めるアプリのアニバーサリー記念で、「21時〜0時まであの有名タイトルが全巻無料で読めます!」という感じに時間区切りで全巻無料で読めるイベントがありまして、その中にハンターハンターがあったんですね。「これは読まないと!」と思ってその時間までワクワクしながら待って読んでたんですけど、その時いろいろ締め切りとか重なってて結局50話くらいまでしか読めなかったんですけど、めちゃくちゃ面白かったんです。

いや、面白いのは知ってたんですけど、最後まで漫画が完結したら買いたいと思っていましたし、いつか完結すると信じていたので待っていたのですが、実際読んでみるともう続きが気になって完結するの待てないなという感じのそういう面白さがありました。

それからしばらくしてレベルEを勧めてくれた友達と偶然会ったのでハンターハンターが面白かったという話をしていると「ハンターハンターのアニメも面白いよ。新旧あるけど、新は作画がすごく丁寧で見やすいし原作に割と忠実だからいいよ」と言われて、新しい方のアニメは全然知らなかったので興味もあって、帰ってからハンターハンターの新しい方のアニメを6話までとりあえず見たんです。その友達が言った通り、作画もすごく丁寧で声優さんの演技も素晴らしくて、結構原作通りで面白かったんです。

 

でも、6話まで見て1番今の所印象に残ってるシーンを聞かれると、ちょっとネタバレ含みますが6話で、ハンター試験が厳しすぎたから試験をやり直すことになって、メンチが崖の谷間に糸みたいなものを張って巣を作る鳥の卵でゆで卵を作れるかという試験をしたんですけど、その卵を取るために崖から崖に向かって吊るされてる糸みたいなものにぶら下がって飛び降りないといけないけど、何も考えずにそこから落ちると死んでしまうので、上昇気流を感じて、「今だ!」って時に落ちないといけないという、ハンターとしての能力が問われるような試験だったんです。

私だったら絶対にできませんがゴンやレオリオ、クラピカ、キルアなどの主要メンバーはみんな系にぶら下がってて、「すごいなあ」って感心しながら見てたんです。

で、はじめに1人のモブが何も考えずに落下して上昇気流が発生せずにそのまま谷底まで落ちていくというシーンがあって、主要メンバーが「上昇気流のいいタイミングの時に落ちないとヤバイやん」ってなってたんですけど、

あまりにも糸にぶら下がる人数が多すぎて糸が千切れそうになってたんです。

でもそこでゴンは冷静に「まだ飛び降りたらアカン」って言うんですけど、なぜかここで「待ってられるか!」って言って飛び降りたモブが数人いたんですよ。

 

いやそこは待てよ。

 

初対面のゴンの言うことが信じられなくて各々のペースで落ちて失敗するならまだしも、待ってられなくて落ちるの?!

自分の命を軽んじすぎだろ!

なんで飛び降りたんだよ!

いや系切れそうやけど待てよ!

もうちょっとやん!

この試験に辿り着くまでにめちゃくちゃ走ったりいろんな珍獣を避けたり頑張ってきたやん!

なんでそこで待てへんねん頑張れよ!

今までのこと思い出せよ!

母ちゃん泣いてるよ!

こんなとこで簡単に命落として…!

小さい時にゲーム買った帰りの車の中で待てずにゲームの包装フィルム取って説明書とか読んで、母ちゃんに「散らかるから家帰ってからやりなさい」言われて「だって待てへんもん」言うて「あんたのそういう短気なところが前からダメやって言うてたやろ」って…飛び降りていくとき、きっとそんな母ちゃんとの思い出の走馬灯が流れたと思います…ハンターハンターの世界にゲーム機があるのかとか私はまだそこまで読んでないので知らないのですが…

もしこのモブ達が実は強くて崖から落ちても普通に地面に着地して普通に帰ってたら良かったんですけど、あの服装で落ちるときの「ウアァアアアアアアア!!!!」みたいな絶叫聞いてる限りはそんなことなさそうなので、多分亡くなられたのだと思います。

 

崖から飛び降りるのを待ってられないというのは中々の狂気だなと見ていて思いました。

命を軽んじるのはやめましょう。

初対面のゴンのことが信じられなくて飛び降りたという説も考えましたが捨て台詞が「待ってられるか!」なのでやっぱり待てなかったんだと思います。

 

このシーンは原作にもあるのでしょうか…読んでるときは結構駆け足で読んでたのもあって気付かなかったのか、覚えてなくて分からないので、このシーンが原作にあるのかも気になるので早く漫画買いたいと思いました。

アニメもちょっとずつ全部みたいです。

 

はじめまして

人にモノを説明するのが苦手なので上手になりたいと思ったのでブログを初めてみました。

ただ人に説明するのが上手くなりたいなっていう感じなので書けそうなことがあればボソボソ書きますし飽きたらやめます。飽き性なので多分突然やめます。

 

簡単に自分について自己紹介しておきます。

私は兵庫県に住んでいる大学4年生(21歳)の女です。

実家に住んでて犬を飼ってます。

アニメとか音楽(聞く方)とか好きなオタクです。

普段は口の悪い関西弁を喋っているのでお見苦しいところもあるかと思いますが、「お見苦しい!」と思った時は即座にブラウザバックして好きなものでも食べて記憶を消していただければと思います。

 

ブログを作る経緯と致しましては、上記の通り説明するのが下手くそだからなんですが、日記のアプリでもいいかなと思っていたんですが「別に誰も読まないだろう」と思ってしまって、結局ただの日記になってしまいそうだったので、不特定多数の人にいつ見られるか分からない緊張感で書きたかったのでブログにしました。

 要は深夜を徘徊する露出狂の経緯と同じみたいな感じなので(違うかもしれない)

「深夜を徘徊する露出狂なんだなあ」と思ってください。

 

ブログのタイトルは「なんか」ってすぐ言っちゃうので治したくて付けたんですけど、治す気ない感じにしか見えないのでなんか良いの思い浮かんだらなんか変えます。なんか。

 

後々なんか思い出したらその都度書きます。

 

よろしくお願いします。